【FinnishFlint/フィニッシュフリント|Sirkku/シルック/ホオジロ|カップ&ソーサー】

このエントリーをはてなブックマークに追加



■フィンランド、FINNISH FLINT【Sirkku】のカップ&ソーサー
・日本では【ホオジロ】と呼ばれている鳥のフィンランド語が【Sirkku】
・フィンランドでは女性の名前だったりもするようです
・ホオジロはスズメの仲間で、その名前「頬白」は、ほっぺたが白い事に由来しているとの事。
  大きさも、ほぼスズメと同じ程度の、小ぶりでかわいらしい鳥。
  ホオジロの仲間は日本でもほぼ全国に生息しており、
  なんと弊店の所在地、福岡市の【市の鳥】は【ホオジロ】だそうでビックリ^^
  でも描かれているトリは可愛いけど【ホオジロ】っぽくは無いような気が・・・^^;
・カップの【ホオジロ】は持ち手を挟んで2羽描かれており、
  1羽は右を、反対側のもう1羽は左を向いています。
・この【Sirkku】は【エステリ・トムラ/Esteri Tomula】のデザインといわれています
・【FINNISH FLINT】は【アラビア/ARABIA】の海外輸出モデルであったと言われていますが、
  【FINNISH FLINT】の名が冠されたアイテムは、
  この【Sirkku】を含め、僅かに【Elina】【Tuula】【Unikko】【Raita】【Teresa】くらい?
  もともと、その随分前から【アラビア/ARABIA】の名で海外へ輸出、販売していたのに何故でしょ?
  想像するに【アラビア】という社名が北欧フィンランドをイメージさせるものでは無い為、
  フィンランド製であることを知って貰えるよう【FINNISH FLINT】の名前で販売したのかなと。
  (【Finnish】は「フィンランドの〜」という意味の形容詞)

■状態
・カップ
  高台部分に幾分か茶色のシミが見られます
  内側の底に画像では分かり難くて恐縮ですがブラシで洗って出来たような細かい擦れキズがあります
  他は、特に目立ったキズも無くヒビカケ、貫入ありません
・ソーサー
  カップを置いたときに接する部分に僅かに擦れキズがあります
  裏側に、この当時の北欧の陶磁器に多く見られる焼成時の支え跡があります
  他は、特に目立ったキズも無くヒビカケありません
・ある程度の古さを感じつつも全体としては良好なヴィンテージコンディションを保っていると思います
・ただ、あくまでも、実際に使用されていたと思われる古いものであることを、ご理解ください
・ご不明な点などありましたら、お気軽にお尋ねください

■サイズ
・カップ  :口径約7.4cm、 高さ約5.7cm
・ソーサー :直径約13.6cm、高さ約2.2cm
・容量   :約140ml(なみなみに注いだ状態で)

■この商品は【ゆうぱっく】でのお届けになります(弊店からのお届け先別の送料の詳細はこちらから)
・【ゆうぱっく】の詳細はこちら

 
型番 ar1178
販売価格 5,200円(内税)
購入数


この商品について問い合わせる

新着商品














【SILJA LINE/シリヤライン|灰皿】
価格(税込): 2,800円(内税)


































































おすすめの商品